So-net無料ブログ作成

阿修羅さんとカメルーン♪ [▼ 日々雑感]

近年の仏像ブームより、ずっと前……10代の頃から阿修羅ファンだった私。

それを知っている友人が、先日、こんなものをくれました。

阿修羅扇子.jpg

阿修羅さんの扇子です~♪

興福寺さんの公式グッズではありませんが、それっぽいシルエットが描かれています。(^^)

ありがとうございます。この猛暑で、早速、連日大活躍しています。 

 

 

私が阿修羅ファンになったきっかけは、萩尾望都の漫画「百億の昼と千億の夜」(原作:光瀬龍)でした。

百億の昼と千億の夜 1 (少年チャンピオン・コミックス)

百億の昼と千億の夜 1 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 萩尾 望都
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1992/11
  • メディア: コミック

百億の昼と千億の夜 2 (少年チャンピオン・コミックス)

百億の昼と千億の夜 2 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 萩尾 望都
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1992/11
  • メディア: コミック

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 光瀬 龍
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/04/05
  • メディア: 文庫

 

萩尾望都が描く、華奢で中性的な阿修羅さんのイメージに近いのは、やっぱり興福寺の阿修羅像でしょう。

興福寺といえば、現在、中金堂を再建中ですが(2015年完成予定)、このような大型木造建築に使用する樹齢数百年の大木が、国内では手に入らなくなっているそうです。

探しに探して、ようやく見つけた木材は、なんと、カメルーンなどアフリカ産のケヤキだとか。(柱などにはカナダ産のヒノキを使用)

日本から遠く離れたアフリカから、大木を運んでくるのはかなり大変でしょうが、千年後も残るお堂を造るには、鉄筋コンクリートより、やっぱり木材のほうが適しているのでしょうね。

 

それにしても、サッカー ワールドカップで、2002年の日韓共催のときには大分県の中津江村に滞在して注目を集め、2010年の南アフリカ大会では初戦で日本と対戦するなど、カメルーンとは少なからずご縁があるんですね~。ますます親近感がわいてきました。

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

あやめ

ご無沙汰しています。

何で私は阿修羅に親近感?を覚えるのかと思えば、
これかーーーーっと
ブログを読んで気づきました(笑)

確かに萩尾さんの描く阿修羅は、
興福寺さんのものです!!

なんか、すっきりしました(笑)

by あやめ (2010-08-09 12:35) 

YUMiKO

あやめさん、こんにちは。

あやめさんも、萩尾望都を読んでましたか~。(^^)
私もファンなんです♪
とくに昔の作品は、何度読んでも面白いですね。

>確かに萩尾さんの描く阿修羅は、
>興福寺さんのものです!!

ですよね~。

すっきりしていただけてヨカッタです(笑)。


by YUMiKO (2010-08-09 14:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。